in english in japanese »  HOME » Conference » BBS » 発表メニュー
Contents
発表メニュー 会議室:「Glacier BBS」

発表メニュー

発言者:山口(北大低温研)

(Date: 2001年 2月 10日 土曜日 22:33:22)


簡単ながら私の発表内容に関して書きます。

発表題目は「雪氷・氷河・流動モデル」ですが、今回は「雪氷・氷河」に重点をおいて発表したいと思います(流動モデルにかんしては内藤さんが発表するので・・・)

さて、私なりに雪渓・氷河についての疑問点を以下のようにまとめました。

1.氷期における日本の氷河に関して
[動していたのか?
温暖氷河だったのか寒冷氷河だったのか?(底面すべりをしていたのかしていなかったのか?)
5模が小さいのに安定だったのか?
ど溝侶狙仮定

2.現存する多年性雪渓に関して
\齋未鷲慌呂砲覆襪里(雪渓と氷河の違いは?)
∪齋未ら氷河への遷移過程

その中で1.に関しては´△髻2については,亡悗靴届誕蠶鷆,鬚垢襦

なお、1.に関する議論においては、長谷川さんからいただいた”槍沢I期”、”一ノ俣谷左俣II期”,
”飛騨沢III期”の復元された氷河のデータを用いました。

また2.に関する議論においては、大雪山ひさご雪渓のデータを用いました。

基本的姿勢といたしましては、自分の研究内容を発表するというよりは「みなさんの議論のたたき台」になればと思っています。
つきましては、もしこれらの問題に興味のあるかたは、質問ならびに自分の意見をまとめておいっていただき当日質問・発表していただければと思います。

当日つたない発表になるかと思いますが、みなさんが興味をいただければ幸いです。


前
発表メニュー
カテゴリートップ
BBS
次
発表要旨

Copyright © 2000-2021 Study Group on Quaternary Glaciation in Japan